遺言・相続登記のことならフットワークの軽さが自慢の当事務所へ!

未分類

相続の承認及び放棄

投稿日:

Q 先日、父が亡くなって相続しなきゃならんのじゃが、どんなところに注意したらええんじゃろか?

A そうですね。まず、相続というものは、亡くなった人のプラスの財産だけでなくマイナスのもの、つまり借金も相続することになりますから注意が必要です。相続したことによって、多額の債務を背負うことのないよう遺産の中身を調査すべきでしょう。特に連帯保証債務の有無については注意すべきです。遺産についてプラスの財産と借金等について把握したら、次に相続するか否かについて判断します。それには大まかに三つのやり方があります。

Q 三つのやり方?

A まず、借金に比べてプラスの財産が明らかに多ければ、亡くなった人のプラスの財産と債務をそのまま相続する単純承認をすることになるでしょう。次に、借金がプラスの財産より明らかに多い場合は、相続放棄を考慮しなければなりません。相続放棄をすれば、初めから相続人にならなかったものとみなされ、プラスの財産も借金等の債務も引き継ぐことはありません。相続放棄をするには、被相続人の死亡を知ったときから三ヶ月以内に家庭裁判所に申述する必要があります。次に、遺産のプラスとマイナスが明確に判断できないとき、プラスの財産の範囲内で債務を支払う限定承認という方法もあります。これについては、専門家にご相談下さい。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

お金の口約束

Q 友人にお金を貸したんじゃが、借用書も何も作っとらんのよ。言いにくくてなぁ。口約束でも大丈夫じゃろうか? A そうですね。当然その友達は返済義務がありますから、お金を返さなければなりません。しかし現 …

夫の借金と妻

Q 夫にサラ金からの多額の借金があるんじゃが、妻である私名義の土地が差し押さえられることがあるんじゃろうか? A 原則からいいますと、夫の借金のためにあなたが保証人になっていたり、土地を担保に入れてい …

不動産の二重売買

Q 土地を買って代金も支払ったんじゃが、登記はせずに放っておいたところ、いつのまにか第三者の名義に変わっておったんじゃ。どうしようもないんかの? A そうですね。原則から言えば、不動産取引では登記の先 …

自宅の買い戻し

Q 事情により自宅を売却することになったんじゃが、お金ができればいずれ買い戻すつもりじゃ。買主も協力してくれるんじゃがどうすりゃあええんかの? A そうですね。買い戻しの特約と再売買の予約という二つの …

身元保証

Q 今春、大学を卒業し就職した甥に身元保証人になってくれと頼まれて身元保証人になったんじゃが、どんな責任があるんじゃろか? A 身元保証契約とは被用者が会社に損害を与えたときに、その損害を賠償する約束 …